バニァンビレッジ

  • HOME »
  • バニァンビレッジ

バニァンビレッジとは?

バニァンビレッジ(バニアンビレッジ)は、オリエンデールというクラフトハウスやテラススタイルフォーリビングというショップ、チャイニーズダイニング「琉華菜苑 (リュウカサイエン)」という中華料理のお店、イタリアンの「チュラ・ラ(chula-la)」、コンビニなどがあるエリアのことです。

バニアンビレッジは、ホテルからは少し離れた場所にあり、無料シャトルバスの始発のバス停の付近にあります。ホテルのロビー(正面玄関)からは、入口までの道を下っていくとあります。

バニァンビレッジの動画

こんな雰囲気のところです♪
↓↓↓↓↓↓

沖縄カラーのオレンジとベージュの建物が並んでいますので、沖縄っぽい音楽でまとめました。

バニァンビレッジの写真

ここからは写真でお送りします♪
まずはバニァンビレッジの全体像!
1

こちらが一番左にあるコンビニエンスストア。
2

セブンでもない、ローソンでもない、ファミマでもない、ココストアでもない、CONVENIENCE STORE。
3

スパークリング?の5種類のフルーツジュースが売りのようです。そばにカゴが置いてあり、ビーチサンダルが入っています。

中に入るとこんな感じ♪
4

最初に目につくのはやはりビーチサンダルとサングラス。

なんかコンビニっぽくない、これじゃない感が。。。いい意味で裏切られます。
5

袋菓子がたくあんありましたが、アメリカの袋菓子だと思います。
奥の飲物の冷蔵庫に、唯一日本のコンビニ感があります。

こちらレジです。なんかアメリカンな感じがしないでもないです。
6

これか、IZZE!表の看板にスパークリングってあったのはこのことだったんですね。
10

IZZE(イズィ)は、アメリカコロラド州ボルダー(ロハス発祥の地)生まれのロハスドリンクで、果汁70%、炭酸30%で100%ナチュラルフルーツスパークリングジュースだそうです。

1本298円。

こちらはビールのコーナー。
11

オリオンビール、コロナビール、あとは初めて見るようなビール(?)です。
こちらはアイスクリームのコーナー。
12

チョコモナカジャンボほか、みたことあるアイスがあります。なんか嬉しくなりますね。

こちらはおなじみブルーシール!
13

おなじみではないですが、沖縄来た感があり、嬉しくなりますね。

以上がコンビニエンスストアでした。

コンビニを出て、次どこへ行こうかと、再びバニァンビレッジの全体図へ。
14

15
コンビニの脇にあるテラススタイルフォーリビングというショップ。

ブセナテラスをはじめとしたテラスホテルズグループのオリジナルグッズ(家具や食器、アメニティーなど)があります。買う買わないは別として、チラッと覗いてみたいですね。

16

水が流れる音が涼しげです。ただ、体感温度はやっぱり沖縄のそれです。

テラススタイルフォーリビングの付近にある道を抜けると、まだ奥に建物があります。
15-2

遠くにエメラルドグリーンの海が見えます。ブセナテラス前の海とは別の海です。

こちらがイタリアンの「チュラ・ラ(chula-la)」です。
19

きっと海を見ながら、美味しいイタリアンをいただく場所なのでしょう。プランによっては夕食で選べます。

20

私たちが行ったときはまだやってませんでした。
21

夕食の時間(18:00~22:00)のみ、営業しているようです。
イタリアンレストラン「チュララ」

22

食べログ評価は3.06(2015/5/29)と低いですが、ホントの実力は、恐らく他のブセナテラスのレストランと同じように、3.5以上あると思います。

やっぱり、こんな感じの海が見える素敵なところでイタリアンをいただけるようです。
23

こんな海を見ながら食べるイタリアン、いいですね。ワインが進みそうです。

こちらがチュララから見えていた海へと続く道です。宜野湾かな。
24

振り返ると中国料理の琉華菜苑(リュウカサイエン)があります。
25

こちらはお店の裏側です。テラス席から海が見えるようになっています。

食べログ評価は3.51(2015/5/29)です。食べログにはいろいろな意見がありますが、3.51ならまず間違いない味でしょう。

こちらがお店の表。
26

水がすぐそばにあります。落ち着きますよね。

27

白いパラソルの洋、オレンジとベージュの沖縄、リゾートの茶、という雰囲気の中でいただく中華料理。部瀬名的中華だそうです。

う~ん、食べてみたい♪

こちら、正面玄関。
28

チャイニーズダイニング「琉華菜苑 (リュウカサイエン)」は、お昼も営業しているようです。
29

料金を見ると高級中華な価格帯でした。沖縄で本格的な中華が食べたいときはぜひ!です。

ここでの夕食を選べる宿泊プランもありますよ♪

PAGETOP
Copyright © ブセナテラス宿泊ブログ All Rights Reserved.