朝食ビュッフェ

  • HOME »
  • 朝食ビュッフェ

ブセナテラスの朝食ビュッフェの様子をお伝えします♪

ブセナテラスの朝食ビュッフェの動画

高級ホテルの朝食ビュッフェは何度か経験がある方なら、メニューの想像がつくと思います。が、ここはブセナテラス。何と言っても眺めがイイです♪まずはこちらの動画をチェックしてみて下さい♪
↓↓↓↓↓↓

会場は、ラ・ティーダ(食べログ評価3.51 2015/5/26)です。
ラ・ティーダの評価

この会場には海が見えるテラスがあります。高級ホテルの朝食ビュッフェとの違いはまさにここにあると言えるでしょう。テラスから見える沖縄のエメラルドブルーの海。心地よい穏やかな風。沖縄の暑さ、強い日差しとそれを遮る白いパラソル。イヤがおうにもリゾート気分が高まります♪

ラティーダのテラスからの景色はこちら♪
↓↓↓↓↓↓

当日は、台風前(2015/5/11)のため、残念ながら曇っていました。

こちらのテラス席、やはり人気です。夜は予約ができるのですが、朝は予約ができません。6:30のラティーダOPEN時からほどなく埋まってしまうとのこと。なので、どうしてもテラス席が良い場合は、6:30のスタート時に行く必要があるでしょう。

ブセナテラスの朝食ビュッフェの写真

ではここからは写真でお送りします♪

まずこちらが、会場のラティーダの看板です。沖縄というよりイタリアンという感じがします。
1

私たちが会場に着いたときにはすでにテラス席は埋まっていましたので、テラスに近い席に案内をしていただきました。テラス席が良かったですが、この景色なら十分じゃないでしょうか?
2

バリ風のランチョンマットに白いコーヒーカップがリゾートホテルチックです。朝からフォーク2本とナイフ2本、ナプキン。気分良くなります♪
3

ラティーダの店内。落ち着いた木の色と白い壁、間接照明でリゾーティです。広々としており、ゆったりとした時間が流れます。
4

こちらはサラダのコーナー。
5

トマトやコーン、レタスなど、・・・普通のサラダです。少しでも沖縄らしさがあれば手に取りますが、普通でしたので、贅沢にパスしました。

チーズのコーナー。
6

エメンタルチーズです。エメンタルチーズはハイジに出てくるような穴が開いたチーズです。妻は食べたようです。

続いて冷菜のようなコーナー。
7

サラミのようなハムのような物。ピクルス。白いのはコールスロー?だったか?その奥がモズクだったと思います。

続いて温かい惣菜コーナー。
8

もやしを炒めたもの、絶品のハム、ベーコン、スクランブルエッグ、フライドポテトなどがありました。手前はパスタです。リゾートではない一般的なホテルでもあるような惣菜でした。

惣菜コーナーの奥にあるのはハムのカタマリ。
9

このハムが絶品です!これ食べてください。柔らかくてジューシーで、脂の甘さが塩と渾然一体となって、おかわりしたくなる味です!ディナービュッフェはローストビーフが目玉ですが、朝のビュッフェはこのハムが目玉です。

白いご飯とおかゆ、スープのコーナー。
10

ブセナテラスに数日宿泊して、白いご飯と漬物、味噌汁が恋しくなったら食べようと思います。

卵料理のコーナーです。
11

昨日、ローストビーフがあったコーナーは、朝食ビュッフェでおなじみの卵料理のコーナーになっていました。シェフが注文を受けてから、1つ1つ丁寧に作っています。オムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼きなど、次々とオーダーが入ります。オムレツに色々な具を入れられます。

12

こちらは目玉焼き。どうしても食べたいのでしょう。

卵料理のコーナーの奥には、フレンチトーストのコーナー。
13

丁寧に仕上げてくれています。これがまた美味しい!!

こちらは、玉子料理とフレンチトーストのコーナーの手前にあるフレンチトースト用のソース?のコーナー。
14

ソースと行っても、主にフレンチトースト用のソースですので、チョコレート、八ミミツ、メープルシロップなど甘いソースです。

右端にあるのは、玉子料理用のウスターソースです。

こちらは、玉子料理とフレンチトーストのコーナー向かいのフルーツのコーナー。
16-1

16-2

奥からピンクグレープフルーツ、パイナップル、オレンジ、スイカと来て・・・

16-3

・・・カスタードクリームブリュレ、バナナと続きます。

このカスタードクリームブリュレ、絶品でした♪甘すぎずそれでいて卵をたっぷり使ったバニラの甘い香りがするカスタード。その上には、カリッと焦がしたカラメルがあり、これがホロ苦で、大人テイスト。

スイーツ好きな人には絶対に食べてもらいたいです!

こちらはジュースのコーナー。フルーツのコーナーと地続きです。
17

左から、オレンジ、マンゴー、グァバ、アップル、ぶどう、ニンジン+果物、ニンジン+トマトのジュースです。
高級ホテルのビュッフェならではの沢山のフレッシュジュースにテンションが上がります!

続いてヨーグルトのコーナー。ジュースのコーナーと地続きです。
18

ソースは、キウイ、ブルーベリー、オレンジ、プルーン、フツーツカクテルです。

そしてお待ちかね!
パンのコーナーです!
19

全部で10~15種類ほどあります。

ロール系が3種類とフランスパン、バケットなどなど。
20

食パンは2種類で、珍しいのは右の紫イモのパンです。
21
手前のクロワッサンは、サクッとジューシーで、コーヒーによく合います。
右端はチョコの入ったクロワッサンをはじめ、スイーツ系です。

これに加えて、フルーツやカスタードの乗ったペイストリー系があると満点!だと思います。

さて、こちらはパンに付けるジャム類&バター類です。
22
左手前はシークヮーサーのジャム、左奥はオレンジジャム、右奥はイチゴのジャム、右手前はパイナップルのジャムです。

沖縄らしいシークヮーサーのジャムとパイナップルのジャムは試しておきたいところだと思います。

沖縄リゾートホテル「ブセナテラス」の朝食ビュッフェの全様は以上です。

ではいよいよ「実食」です♪

まずはフレンチトースト。
23

バターが2種類あります。手前のはパイナップルのバター。右奥は黒糖のバターです。2つとも見たことが無いバターだったので、ちょっとタップリ目に取ってきてしまいました。左のジャムはシークヮーサージャムです。

こちらが絶品のカスタードクリームブリュレ!
24

卵の豊かな風味、品のある甘さ。カラメルソースのほんのわずかに感じる苦み。カリカリとした焦がしたカラメル。濃厚で深い味わいです。甘いモノ好きな私としては、「ぜひバケツでいただきたい」と思いました。焦がしたカラメルが美味しくて、これだけ持ってきたい衝動に駆られます。

こちらはヨーグルト。
25

キウィソースをかけ、プルーンとオレンジのグラッセ。甘く煮詰めて作るオレンジのグラッセがかなり甘くて、これだけでヨーグルトを何杯でもいただけそうです。

フレンチトーストとパンケーキ、ハム、ベーコン、サラミ系のハム、ポテト、プチトマトを盛りました。
26

ややカオスなお皿です。

続いてオムレツを中心に、もやしの炒めもの、絶品のハムです。
27

オムレツはフワフワ♪
野菜とチーズを入れてもらいました。上のソースはサルサソースです。
オムレツを作るとき、結構な量のバターを入れますので、美味しいからといってオーダーしすぎないようにお願いします。おかわりは2回までなど、決めましょう。

最後に)
あえて言わせてもらえば、高級ホテルの朝食ビュッフェに比べると、若干グレードが落ちると思います。例えば、フルーツの乗ったペイストリーが無かったですし、フルーツ類、チーズ類、惣菜類、ご飯のおかずも少ないです。高級ホテルの朝食ビュッフェをイメージして行くと、「アレッ?」と思うかもしれません。

ただ、テラスからの眺めや開放感のある雰囲気を考えれば、ブセナテラスの朝食ビュフェは、十分だと思います。


・じゃらんの宿泊プランを見てみる⇒プラン一覧

JALとセットのプランANAとセットのプラン


・楽天トラベルの宿泊プランを見てみる⇒プラン一覧

ANAとセットのプランJALとセットのプラン

PAGETOP
Copyright © ブセナテラス宿泊ブログ All Rights Reserved.