ディナービュッフェ

  • HOME »
  • ディナービュッフェ

ブセナテラスのディナービュッフェの動画

26

ブセナテラスのビュッフェ会場の様子と食事の内容をお伝えします。
私たちのプランは、夕食を、和食のコース、イタリアンのコース、中華のコース、ビュッフェの4つの中から選ぶことができました。

チェックインの際に、夕食の案内の紙を渡されるのですが、即ビュッフェに決定しました。ビュッフェと他のメニューとの情報量に圧倒的な差があり、ブセナテラスの力の入れ具合が違うことが分かったからです。

「じゃあもうビュッフェだよね」ということでビュッフェに即決しました。

ブセナテラスのディナービュッフェの会場は、「ラ・ティーダ(CAFE TERRACE LA TIDA)」という場所でした。

こんな感じの素敵な会場です♪
↓↓↓↓↓↓

ちなみにラ・ティーダの食べログ評価は3.51(2015/5/23現在)で、そこそこのクオリティだということが伺えます。

ラ・ティーダにはテラス席があり、そこからは沖縄のエメラルドグリーンの海を見渡せます。

夕食は席の予約ができるとのことだったので、部屋の電話からテラス席の予約を入れたのですが、「リクエストを承りますという」回答でした。「リクエストを承ります」ということは、「予約を承った」わけではなく、あくまで「お客様からの希望を承った」ということですから、実際にはテラス席には座れない場合もあるということです。

「だったら受付の時に予約を入れておけばよかった」と思いました。

さて、予約をした18:30ごろに会場に伺いました。「鈴木様でいらっしゃいませすね」というとても丁寧な言葉と態度の接客で、丁重に扱ってもらっている感じがします。

テラス席が取れたらしく、テラス席に案内をしてもらいました。

海沿いの素敵な席です。
↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓

※昼に来た時の画像も入っています

18:30といってもまだ日が沈み切っておらず、夕方の日が差しています。景色がいい。風が心地よい。

テーブルにはローソクをともした置き型ランプ(?)があり、リゾーティかつロマンチックな雰囲気です。

これだけで「来てよかった!」感がハンパないです。食事の内容がよく、何度もおかわりをしてしまいました♪

ブセナテラスのディナービュッフェの写真

さて、写真でもお伝えしてまいりますよ♪

まずはこちらが、ビュッフェ会場のラティーダの入り口の脇にある看板です。
1
これだけ見るとイタリアンな感じがしますよね。

で、通していただいたテラス席。
2

テラスにはいくつかの席がありますが、十分な間隔があるので、隣は気にならなかったです。

3

夕日が沈みつつある沖縄のエメラルドグリーンのビーチ。大き目の日よけのパラソル。・・・リゾート感が溢れています♪

バリ風のランチョンマットの上に、ナイフとフォークがそれぞれ2本ずつ、白いナプキンが置いてあります。ビュッフェとはいえ、ディナーが付くので、このセットです。

さらに飲物のメニュー表とローソクの置き型のランプ。う~ん、ロマンチック!
4

まずはオリオンビール!この雰囲気でお酒が飲めない人はかわいそうだと思います。

さて、何となくブセナテラスのディナービュッフェの会場の雰囲気をご理解いただいたところで、メニュー紹介です。

まずは、沖縄食材のコーナー。
5

左はジーマミー豆腐、中央はミミガーの和え物、奥のガラスのボールはモズクです。
「旅行のときはお通じが・・・」という方はモズク、オススメです。

続いて、前菜のコーナー。
6-1
左から巻きずし、あとは、ごめんなさい、覚えていません。イタリアンで最初に出てくるアンティパスト(ワインのつまみ)のようなものでした。

エビもイカもぷりぷりで、味付けは薄目だったような気がします。魚介系が多かったように思います。
6-2

続いてサラダのコーナー。
7
ドレッシングの種類は3~4種類ぐらいですが、サラダにトッピングするものが多かったように思います。念のためですが、ファミレスなどにあるようなクテッとした感じではなく、リゾートホテルの品質という新鮮さでしたよ。

続いて一品料理のコーナー。
8
鶏肉、豚肉、魚のフリッター(フライ)といったタンパク質と野菜の組み合わせで数種類、奥にはパスタやピラフがありました。

9

料理名は覚えていませんが、どれも高級ホテルのディナービュッフェにあるようなメニューでした。ですので質も味も何の問題もありませんが、あえて言えば、「もう少し沖縄らしさがあると嬉しいかな」と思いました。

ご飯とスープのコーナー。
10
左がスープで、真ん中のおひつのようなものが白いご飯、右がグリーンカレー(具なし)でした。スープは優しいお味でGOOD。グリーンカレーは具なしなのが不思議でした。

ローストビーフのコーナー。
19-1

これはおそらくラ・ティーダのメインというか目玉です。かたまりのローストビーフをその場で取り分けてくれるというサービス。

19-2

ビュッフェの時間が進むと、かたまりのローストビーフはこのようにちょこんとあるような状態に。左隣はマッシュポテトだったかな?ローストビーフの付け合せです。

続いてローストビーフのコーナーのすぐ右隣にあるエビのブイヤベースのコーナー。
11

ブイヤベースは、南フランスのプロヴァンス地方、地中海沿岸地域のスープです。

魚介の出汁のスープにエビを浮かせたという感じです。妻はお気に入りらしくおかわりをしていました。エビが美味しかったです。

続いてパンのコーナー。
12

朝ビュッフェと違い、夜のパンは種類が少な目。料理の邪魔をしないようなロールパンとライ麦系のパンが置いてありました。

13

ニンジン(だったか?)のパンとぶどうのパン

こちらはサンドウィッチ。
14

少しパンがパサついていたのが残念でした。

こちらはチーズのコーナー。
15

カマンベールと青カビのチーズだと思います。チーズは匂いが苦手でパスしました。

続いて冷麺のコーナー。
16

冷麺と行ってもソーメンだったと思います。バジルのソースや少し味を付けたトマト、チーズボール、ラタトゥユなどを冷たいソーメンに乗せて作る冷麺です。味の想像が付く味でした。

続いてフルーツのコーナー。
17

カボチャやパプリカ、ズッキーニがあるように、飾りつけによる演出です。

実際のフツールのコーナーはこちら。
18

スイカ、オレンジ、パイナップル、ピンクグレープフルーツ、たぶん海外のぶどう。ボウルに入ったフツールカクテル。外国のリゾートホテルのフルーツは甘みが少ないのでパスですが、ブセナテラスは日本(沖縄)のリゾートホテルですので、そんなことはありませんでした。

そしてこちらがスイーツのコーナー!
20

かなり充実しています。

まずは冷たいスイーツ。
21

手前左がプリン。これ美味しかったです。とくに下のカラメルが美味しかった。隣は杏仁豆腐だったか?ヨーグルトだったか?その隣の赤いものは、ベリーのゼリー。上品で甘さ控えめ、大人なゼリーに仕上がっていました。一番左はイチゴのショートケーキ。

左上がマロンのケーキ。中央がフルーツケーキ、右がチョコレートケーキ。

冷たいスイーツの隣が、アフタヌーンティで出てきそうなスイーツです。
22

覚えている限りでお伝えしますと、一番手前が黒糖のフィナンシェ、その右奥がチーズケーキ、ガトーショコラ、カラメル系のスイーツ。奥にあるのが紅白のマシュマロ。上の段はクグロフ、抹茶のスイーツ、・・・覚えてません。

いずれのクオリティも高かったです。黒糖のフィナンシェを食べるだけでそのクオリティが分かるのではないかと思います。

続いて、何かかけるソース類です。
23

スイーツはしっかりと味があるので、特に何もかける必要がないのですが、きな粉やチョコ、黒蜜(?)、フレーク類が置いてありました。サンドイッチマンの伊達さんなら「糖尿病になるわっ!」と突っ込みを入れそうです。

その隣には、乾物系スイーツ(というのでしょうか?)。
24

カルディにおいてありそうなビスケット類が置いてありました。外国のお菓子かと思いきや、甘さ控えめで、上質な味で、美味しかったですよ。

スイーツが充実している印象を受けました。

さて、ここからはお皿に盛った写真をご紹介します。

まずは前菜コーナーから。
25

サーモンの入った巻きずし、ジーマミー豆腐、イタリアンな感じの惣菜など、いわゆる「前菜」達です。

続いて、魚介と野菜の炒めものとラティーダのビュッフェの目玉「ローストビーフ」です。

26

目の前で切り分けてくれるローストビーフは、柔らかくてジューシー。肉の味が口いっぱいに広がります。3回ほどおかわりをしました。

続いてエビのブイヤベース。
27

前述のように、ブイヤベースは南フランスのプロヴァンス地方、地中海沿岸地域の魚介の出汁のスープ。美味です。

最後は、
28

上のさらに入ったものはバラ肉の煮物。味は上品な薄味。その右隣はしっかりした食感の牛肉の炒めもの。手前右は魚のフリッター、バジル風味のソース。

そして手前はローストビーフ。ワサビを添えています。ローストビーフのたっぷり脂でワサビの辛さが中和されて、さっぱりした味わいになります。

食いしん坊の私たちは、リミッターを外して食べまくり、お腹いっぱいで苦しくなり、部屋に戻ってボーッとしながらテレビを見ていました。
リミッターの外し間違いをしてしまったようです。


・楽天トラベルの宿泊プランを見てみる⇒プラン一覧

ANAとセットのプランJALとセットのプラン


・エクスペディアの宿泊プランを見てみる⇒プラン一覧
※エクスペディアは航空券とホテル代がセットで予約できます。


・じゃらんの宿泊プランを見てみる⇒プラン一覧

JALとセットのプランANAとセットのプラン


・一休ドットコムの宿泊プランを見てみる⇒プラン一覧

PAGETOP
Copyright © ブセナテラス宿泊ブログ All Rights Reserved.