米肌(MAIHADA) 「澄肌CCクリーム」

今回の旅行では、妻は、こちらの日焼け止めと合わせて、コーセーから出ている米肌(まいはだ)の「澄肌(とうき)CCクリーム」も持っていきました。

澄肌CCクリーム

澄肌CCクリームはCCクリームですので、いくつかの役割があります。具体的には、クリームと日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの5つの役割があります。

注目してほしいのが、日焼け止めの機能なのですが、SPF50+で、PA++++です。

日本国内では最高クラスの日焼け止め効果があります。

「なんで2つも日焼け止めを持って行ったの?」って思います?

理由は単純で、もう1つの日焼け止めは、無添加で安心・安全で普段使いには最高なのですが、海やプールに入ったり、強い日差しがあるところで長時間いるときには、耐えられないからです。このCCクリームは、そういった紫外線が強い場所で使うのです。

特別に日差しが強いところへ行く場合は、「無添加で安心・安全であること」よりも「日焼け止め効果が高いこと」を選びます。

つまり、

化粧品によるお肌への一時的な負担 VS 日焼けによる肌への負担

では、日焼けによる肌への負担の方が大きいです。一時的に赤くなるかもしれないのと、シワ、シミ、タルミの原因を作るのとでは、避けたいのは、後者です。

不等号で現しますと、

日焼け止め効果が高いこと > 無添加で安心・安全であること

ということなのです。

さらにブセナテラスに行くのですから、ビーチに入るか、プールに入るわけです。だから、水で落ちないというのも重要な要素です。

澄肌CCクリームは、ウォータープルーフとは書いてありませんが、水ではなかなか落ちないので、ウォータープルーフ効果があると言ってもいいと思います。

「白浮き」しないというのも大事です。日焼け止めを塗ると白くなってしまうのですが、こちらは、そうならないんですね。ビーチで白浮きして恥ずかしいということが無いのはありがたいです。

それから、旅行中なので、メイク時間は短い方がいいわけです。だから、澄肌CCクリームの5つの役割は重宝します。色々ショートカットができます。

旅行だから、パッと塗って、外へ遊びに行きたいわけです。衝動のまま動きたいときに、このCCクリームは便利です。

とにかく、日焼けを避けたい!という方は、まず、澄肌CCクリームをチェックしてみてください。

>> 沖縄の強い日差しも受け付けない!1本で5役の米肌澄肌CCクリーム <<

以下は、このアイテムについての評価の高い口コミと低い口コミです。

■評価の高い口コミ

@コスメ参照:これ、いいです。

”ロングドライブでも乾燥しないし、日差しが強い窓際でも全然焼けなかったし、ホントに気にいっています。”

@コスメ参照:付け心地も軽いです。

”SPF50+ PA++++という国内最高値なので、とてもオススメです。”

@コスメ参照:スキンケアした後のお肌に直接つけるだけ

”時間が経つと、よりお肌になじんでくれる感じで軽いつけ心地もお気に入りです!”

@コスメ参照:自然な肌色に整えるCCクリームです。

”少量で伸びがいいので顔のデカイ私でもコスパがいいと感じます!”

@コスメ参照:強力な紫外線をカットし、気になる毛穴をしっかりカバーしながら、自然な肌色にととのえるCCクリーム

”無香料/弱酸性/鉱物油フリー/タール系色素フリー/パラベンフリーなので、敏感肌や刺激の弱い方も”

楽天参照:らくちん

”朝のメイクの時間が短縮されて面倒だったメイクがたのしくなりました。”

>> 沖縄の強い日差しも受け付けない!1本で5役の米肌澄肌CCクリーム <<

■評価の低い口コミ

@コスメ参照:私には固く感じてしまうんです。

”なので仕上がりがムラで雑な感じに。お肌の凹が全然埋まってないなんてことも。”

@コスメ参照:CCクリームジプシー中です。

”なかなか良いかなと思ったのですが、毛穴落ちについては残念です。”

@コスメ参照:色が黒くて使えないです。。

”もっと明るい色身がでたら購入したいなと思いました。”

>> 沖縄の強い日差しも受け付けない!1本で5役の米肌澄肌CCクリーム <<

PAGETOP
Copyright © ブセナテラス宿泊ブログ All Rights Reserved.