ブセナテラスの部屋

  • HOME »
  • ブセナテラスの部屋

ブセナテラスの部屋の種類

ブセナテラスの部屋は、海の見えるオーシャンビューと森の見えるガーデンビューの2つのタイプに別れています。沖縄のエメラルドグリーンの海が見えるオーシャンビューの方が人気で、その分、費用が若干高めです。

ブセナテラスには、スタンダードな部屋としては、①デラックスナチュラル、②デラックスエレガント、③メゾネット、④ガゼボテラスの4つのグレードがあります。①が普通のグレードで、④が一番高いグレードです。

※4つのグレードと2つのタイプ(オーシャンビュー・ガーデンビュー)で合計8パターンから選べるということです。

私たちが今回宿泊した③のメゾネットタイプの部屋は、下の階が寝室、上の階がリビングというつくりです。

④のガゼボテラスには、ジェットスパがあります。これは旅館でいうところの露天風呂付客室のようなイメージだと思います。これもいいですよね。・・・

私たちは「③か④のどちらにするか?」を検討しましたが、これまでに宿泊したことが無いという理由と上の階と下の階に別れていることにワクワクしたという理由で、メゾネットを選びました。

④より上となると特別待遇の受けられるクラブフロアがあります。クラブフロアは、リゾートホテルには普通にあるようです。私たちが新婚旅行で行ったバリのインターコンチネンタルホテルでも、クラブフロアというのがありました。

ブセナテラスのこのサービスのメリットは、クラブラウンジというクラブに宿泊した人しか入れないラウンジがあり、そこで素早くチェックイン・チェックアウトができることや専属のサービスをする人がいるということです。

それから朝食がコンチネンタルブレックファストというものになります。コンチネンタルブレックファストとは一般的には、「コーヒーや紅茶などの飲み物と、バターなどを添えたパンを中心とする簡単な朝食」です。

たぶん、ビュッフェよりも上質な空間で一つ上の食べ物が出てくるのではないかと推測しています。ちなみに、コンチネンタルとは、ヨーロッパ大陸の意だそうです。

これだけだと、なんかメリットが無いように思うかもしれませんが、私たちを含むリゾートホテルの素人にも、その良さが分かりやすいのは、ティータイムとカクテルタイムです。ティータイムには、無料でホテルメイドのスイーツがいただけますし、カクテルタイムには、無料でお飲み物やカクテルメニューがいただけます。

ホテルの外に出ずにエステや読書を楽しみ、ちょっと小腹がすいたら、軽くつまめるものをいただく。そんなぜいたくな時間を過ごすことができる人たちはクラブを選びます。

さらにその上には、完全なプライベートが守られるコテージ(ヴィラ)があります。

コテージにもグレードがあるのですが、最上のグレードでは、敷地内に建物が2つあり、1つはベッドルーム、もう1つはリビングで、さらに大き目のプライベートプールがあるというものです。

クラブもコテージも「いつか泊まりたい」と思いますが、今回はそこまで奮発できませんでした・・・。こういう贅沢は新婚旅行ならアリ!だと思います。

あなたはどのお部屋に泊まりますか?せっかくなら奮発したいですよね♪


・じゃらんの宿泊プランを見てみる⇒プラン一覧

JALとセットのプランANAとセットのプラン


・楽天トラベルの宿泊プランを見てみる⇒プラン一覧

ANAとセットのプランJALとセットのプラン

PAGETOP
Copyright © ブセナテラス宿泊ブログ All Rights Reserved.